氏原法律事務所

相続(遺産分割、遺留分減殺請求、遺言)のご相談は氏原法律事務所へ。

サイトマップ  ホーム
相談無料。曜日、時間(休日・夜間)を問わず、担当者在席中はお受け致します。電話番号 0120-596-879

氏原法律事務所について

相続について


複数の相続人がいる場合には、原則として遺産を分割して、各相続人が遺産の一部を取得することになります。

民法では、法定相続人、法定相続分が定められており、各相続人が協議によって遺産分割する場合、必ずしも法定相続分どおりに分ける必要はありませんが、遺産分割協議が相続人同士の話し合いで成立すれば弁護士に依頼する必要はありません。(ただ、正確かつ法的に問題のないように分けるため、あるいは後日の紛争を避けるために、特に争いがなくても専門家である弁護士を依頼する方もいらっしゃいます。)


また、亡くなった被相続人が遺言によって各相続人の取得する財産を指定していた場合には、
必ずしも分割協議をする必要はありません。


しかし、遺産を分割するに際しては、一部の相続人が生前贈与を受けていたり、あるいは、被相続人の財産の維持・増加に特別に寄与していたりして、その分法定相続分を増減すべき事情がある場合があります。又、遺言によって、一部の相続人の相続分だけが多くなっている場合、他の相続人が遺留分減殺請求権を行使出来る場合もあります。


 

さらに、一部の相続人が被相続人の遺産を、生前、密かに取得していたり、自分の名義に変更していたことが、相続発生後に判明して争いが生じることもありますし、遺言書はあっても遺言書作成当時、被相続人が重度の認知症であったため無効であるとして、争いが生じるケースもあります。


また、土地等については、その評価額について各相続人間で合意が出来ず、争いになることもあります。


このように、遺産分割については様々な理由で争いが生じたり各相続人間で冷静な話し合いが出来なくなる場合も多く、このような場合に第三者であり法律の専門家である弁護士に依頼する必要が生じることとなります。


当事務所では、相続についてのご相談を、随時無料でお受けしております。一人で悩まずお気軽にご相談ください。