氏原法律事務所

相続(遺産分割、遺留分減殺請求、遺言)のご相談は氏原法律事務所へ。

サイトマップ  ホーム
相談無料。曜日、時間(休日・夜間)を問わず、担当者在席中はお受け致します。電話番号 0120-596-879
業務内容のご案内
弁護士ご挨拶
当事務所のモットー
相続について
取扱い事例(相続)
弁護士費用(相続)
C型肝炎給付金請求について
弁護士費用(その他)
取扱い事例(その他)
事務所案内
求人情報

弁護士ご挨拶
はじめまして、弁護士の氏原洋介です。

相続、特に遺産の分割については、日本では、遺言書を残したり、遺産を信託したりす
る習慣があまり根づいていないこともあり、親族間で争いが生じるケースが多くあります。

遺産の分割については、法定相続分、遺産の評価、特別受益、寄与分、遺留分等多くの

法律知識が必要となり、又、不動産等その分割方法が簡単に決められない場合もあるため、
慎重な判断が必要となります。

また、相続人が複数いる場合、一部の相続人が法定相続分より多くの財産を取得するた
めに、税理士と結託する等して、他の相続人に実際の遺産の内容を知らせずに自分に有利
な相続税の申告書を作成して、他の相続人に署名・捺印を求める等のケースがあります。
このような場合、よく確認せずに署名・捺印をしてしまうと本来の相続分よりも極めて少
額の財産しか取得できない結果になってしまいかねず、このような悩みをかかえてご相談
される方もいらっしゃいます。

近年の税法の改正により、相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられたため、相続税の
申告が必要となるケースが以前より大幅に増える見込みであることからも、相続(遺産分
割)については、以前よりも慎重かつ速やかな対応が必要となると思います。

遺産の分割について、慎重に、間違いなく進めるためにもまずは、専門家に相談してみ
ることをお勧め致します。

当事務所では、現在、随時無料相談を行っております。

1人で悩まずに、お早めにご相談ください。

弁護士 氏原 洋介
日本弁護士連合会 東京弁護士会所属
元東京弁護士会クレジットサラ金相談センター担当員
<略歴>
1988年 早稲田大学法学部卒業
1993年 司法試験合格
東京大学文学部フランス文学科中退
1994年 司法研究所入所
1996年 弁護士登録
都内中規模法律事務所入所
  企業法務を中心に民事事件一般・一部刑事事件を扱う
1999年 氏原法律事務所を開設
  現在までに相続(遺産分割・遺留分減殺請求等)、ゴルフ場預託金返還請求、債権回収、近隣紛争のほか、債務整理、過払い金返還請求等を中心に数千件の民事事件を解決。刑事国選弁護のほか、刑事告訴・告発の経験も有しております。
▲ページの先頭へ